FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > まずは…<基礎知識編> > 自分が行っている取引方法は相対取引なのか?それとも…

まずは…<基礎知識編>

自分が行っている取引方法は相対取引なのか?それとも…


FXの税金申告をしようと考えた場合についてご説明をいたします。


まず、FXの税金申告をする場合は、
自分が行っている取引方法が、
くりっく365なのか、相対取引なのか

の確認が必要となってきます。


FX(外国為替証拠金取引)は、
「くりっく365」か「相対取引」なのかで税金の申告方法や、
課税方法がまったく違ってきますから、
まず自分の行っている取引方法の確認をしましょう。


ここで出てくる言葉の
「くりっく365」と「相対取引」について説明をしていきますね。


「相対取引」とは、
非取引所取引やOTCとも言われており、
FX会社が直接買主、売主と取引をする方法のことをいいます。


これに対し「くりっく365」とは、
東京金融先物取引所を介して取引するもののことをいいます。


この「くりっく365」と「相対取引」でまず違ってくるのが課税方式です。
FXの課税方法は、相対取引の場合は総合課税となり、
くりっく365を使った取引の場合は申告分離課税となります。


ここで出てくる言葉について説明をしていきます。
まず、総合課税とは、「全ての所得を合計した総合額に税金が課せられる」
ということです。会社員であれば、給料と合わせて、
年金生活者なら年金収入と合わせて、すべての所得から税金が差し引かれます。
所得が上がれば上がるほど税率は高くなっていきますから、
総合課税では、FXの利息が増えると税率も高くなっていくのです。


ではくりっく365の分離課税について説明をします。
この分離課税とは「FXの利益のみを分離させて税金を計算する仕組み」です。
給料などの所得に課される税金は、その税金と支払い、
FXはFXで別個のものとして計算されるということです。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行