FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > まずは…<基礎知識編> > FXで脱税してしまうと… 

まずは…<基礎知識編>

FXで脱税してしまうと… 


良く調べて確定申告を行っても、
税務署から申告の修正を指摘されることがあり、
これが申告漏れと言います。


修正は義務ですから必ず行わないといけません。
ただ、この申告漏れは、指摘されても税務署の言いなりになる必要はないので、
冷静に対応することが求められます。


税務署は税金を徴収するために何でも行ってきますが、
きちんと税務署で説明・説得することによって
こちらの言い分を聞き入れてもらうこともあります。


ですから税務署の調査内容に不服があれば、
異議申し立てを行うことが可能です。

ただし、支払を逃れるために修正申告を出さないということではなく、
しっかりとした手段で訴えることが大事です。


異議申し立ては、修正を指摘された翌日から2ヵ月以内に行えます。
最近はFXの税金徴収に過敏になっている税務署もありますから、
あまりにひどい対応でしたらこうした手段もできます。


FXで脱税してしまった場合の説明をします。
FXで利益が上がっても意図的に脱税しようとした場合、
脱税額が1億円を超えると刑事罰が課せられます。


悪質で故意のものかは国税局が判断しますが、犯罪になります。
一般的には、それほど稼いでいない、
意図的に脱税しようと思わなかった場合でも深刻に間違いがあったり
申告しなかったりしたらペナルティーが科せられます。


税金を納めなおすだけでなくさらにペナルティーが課せられてしまうのです。
他にも期限内に申告書を提出せず逃れようとしたり、
加算税をごまかそうとした場合など、それぞれ加算税が付け加えられます。


こうなると当初支払うべき税金の約1.5倍を支払う必要が出てくるので、
はじめから税理士さんに頼んだ方が安く済みますし、
なにより安心できるという考え方もありますから
そうした手段も良いかもしれません。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行