FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > まずは…<基礎知識編> > 必読!!FXの税の基本!!

まずは…<基礎知識編>

必読!!FXの税の基本!!


税金についてはFXを行っている人ならば必ず疑問となってくることだと思います。
FXの税については取引形態や年間所得など様々な要素によって変わってきます。
もし疑問になりましたら税務署などに確認してみるといいでしょう。


またインターネット上でFXについて詳しい人がたくさんいますので
その方々の意見を参考にしてみるのもいいかもしれません。


まず、取引形態の違いによるFXの税について説明をしていきます。


くりっく365というところで取引をした場合は、
給与所得と関係なく確定申告をすることになります。
つまり、FXの利益に対して一律20パーセントの税金がかかることとなります。


しかしFXの取引には非くりっく365、店頭取引などがあります。
この非くりっく365や店頭取引はいわゆる市場取引といわれているのですが、
市場取引の場合、総所得によって税金がかかってきます。


つまり働いている給与とFXの利益を足して、
さらにここから基礎控除、勤労学生控除などを引いて、
計算をしていくことになります。


この引いたときの利益が35万円以下の場合、税金はかかりませんが、
これ以上となりますと税金がかかってきます。


つまり働きながらFXを行って利益を出している場合はその分、
税金がかかるということです。
ですからFXで利益をだしている場合はくりっく365がいいということになるわけです。


これは人によってかなり変わってきますから、
自分の場合はどこにあてはまるのかをよく計算していくことが必要となります。


またここで学生ですと話が変わってきます。
学生の場合は、親の扶養となっている場合がほとんどですから、
FXで利益を出しすぎると親の扶養から外れないといけなくなってきます。
これによっても税金がどのようにかかってくるかが変わります。


親の扶養から外れたくない場合はできるだけ利益を抑えておいたほうが良いでしょう。
給与控除、基礎控除、勤労学生控除など、
どれくらい控除されるかなど計算した上で利益を出すようにするのがいいでしょう。


また、これらすべての税金についていえることは
確定申告しないと受けられる控除も受けられなくなってしまいますから、
必ず確定申告をするようにしたほうがいいでしょう。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行