FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > くりっく365がお得です!! > くりっく365を利用すると税金はどれほど違ってくるのか??

くりっく365がお得です!!

くりっく365を利用すると税金はどれほど違ってくるのか??

ここでは、くりっく365の業者を使うかどうかで、
納める税金はどのくらい変わってくるのか
を考えていきましょう。


まず、年間の利益が300万円の場合、
総合課税では、給与などすべての所得と合わせて計算することになります。
他の所得が500万円あるとすれば、合計は800万円になりますよね。


そして税率が33%となりますから、納めるのは264万円になるわけです。
これが「相対取引」の総合課税の場合です。


そしてくりっく365を利用した場合を説明していきますね。
まず、所得税は500万円に課せられるとします。
500万円の時の税率は30%なので、納めるのは150万円になります。
そしてFXの利益の300万円だけ分離して、FX分の税金も計算されます。


くりっく365では一律20%の税金ということで、
60万円納めることになり、合計して210万円となる
わけです。


このことから、くりっく365を使うかどうかだけで、
54万円もの税金が変わってきます。


この差は、FXの利益が増えるほど大きくなりますから、
FXが軌道に乗ってきたらくりっく365の導入を検討してみると
いいのではないかと思います。


くりっく365と相対取引の税金に関することは
大体理解できたのではないかと思います。


しかし、くりっく365と相対取引の違いはこれだけでなく、
「確定申告する際に必要となる書類も異なる」ということがあります。


相対取引の場合、「申告書A(第1表、第2表)」という用紙に
所得や給与・控除額などを記入して税務署に提出します。


これに対してくりっく365の場合は、
「申告書(第1表、第2表)」
「第3表(分離課税用)」
「先物取引に係る計算明細書」

という用紙に記入して税務署に提出をします。


また相対取引では、
損失が出ている場合は確定申告をする必要はありませんが、
くりっく365の場合は3年間の損失繰越ができるため、
申告したほうがいいケースがあります。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行