FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > くりっく365がお得です!! > くりっく365のスプレッドは狭くて一定なの?

くりっく365がお得です!!

くりっく365のスプレッドは狭くて一定なの?

くりっく365のスプレッドは狭くて一律と言われていますが、本当なのでしょうか?それによってどんな有利なことがあるのでしょうか?


スプレッド以外の魅力も合わせて、くりっく365の特徴についてご説明いたします。

(1)くりっく365は一番条件が良いレートを提示してくれる

くりっく365とは取引所で行われる為替証拠金取引(FX)のことで、一般のFX業者よりスプレッドが狭いと言われています。くりっく365に参加している業者間の中ではスプレッドは一律です。


複数のカバー先(金融機関)が提示するレートの中で一番有利なレートが私たちに示されます。つまり、その価格の中から最も安い売り価格と、最も高い買い価格を選んでリアルタイムで提供するというシステムです。これは「マーケットメイク制度」と呼ばれ、極めて透明性の高い為替レートの提示方法です。


そして顧客から見た場合、くりっく365に参加業者によるスプレッドの違いというものはなく、くりっく365が提示するレート1種類だけということになります。つまりくりっく365のスプレッドは変動制ということになり、ドル円が何銭というように言うことはできません。


非くりっく業者、すなわち一般のFX業者の中にはドル円のスプレッドが1銭などという、非常に狭いスプレッドを誇る会社もあります。そういう業者と比較した場合は、やはりくりっく365の方がドル円に関してはその業者より広いと言わざるを得ません。


実際に提示されるスプレッドを見ていきましょう。くりっく365は固定スプレッドでないので、おおよそでしか言えませんが、だいたいドル円で2〜3銭、ユーロ円2〜4銭、豪ドル円4〜5銭といったところです。


これらの数字は、決して非常に広いスプレッドというわけではなく業界標準といったところですね。業界最小のスプレッドではないが、まずまず良いレートを提示していると言えます。


(2)くりっく365の魅力はスプレッドだけではない

くりっく365で取引をするメリットは、透明性の高いレート表示に基づく狭いスプレッドの為替レートだけでなく、税の優遇も忘れてはいけません。FXで儲けた分の税金が、一律20%になるのです。


その上、日経225など他の金融商品の取引も行ったところ、そちらで損失が出た場合は損益を通算することができるのです。FX単独で損失が出てしまった場合でも、翌年以降最長3年間損失を繰り越して税の申告ができます。


こういった税制上の優遇措置は、一般のFX業者では一切ありませんから、いかにくりっく365が税金対策に有利であるかおわかりでしょう。


FX業者で取引を行った倍にかかる税金は最大50パーセント。100万円利益が出ても半分は税金で持って行かれてしまうわけです。FXでコンスタントに利益が出ている人は、くりっく365で取引することを真剣に考えるべきでしょう。


ただしくりっく365は取引手数料がかかり、これが馬鹿になりません。一回の取引で片道100円から200円程度の手数料がかかります。くりっく365に参加している業者間ではスプレッドは同じでも手数料は会社によって様々です。


くりっく365に口座を開設しようというのなら、手数料をチェックしてください。安いところでは片道52円、高いところで210円と大きな開きがあり、口座開設キャンペーンで一定期間手数料を無料にしている会社もあります。


手数料は積み重なるとばかならない金額になるので、しっかりコスト意識を持って手数料を節約しましょう。


(3)くりっく365はスワップも魅力

くりっく365は、売りと買いのスワップが同じという点も魅力的です。
一般のFX業者は売りスワップと買いスワップの価格に差があります。


例えば豪ドル円の買いスワップが100円の時、同じ豪ドル円の売りスワップが−110円といった具合です。マイナススワップの金額の方が買いスワップより大きいので、売りポジションを保有しつづけると、どんどん資産が減っていくような気分に陥るものです。


くりっく365なら、マイナススワップがプラスのスワップより金額が大きいという事態はおこらないので、気分的に売りポジションを持ちやすくなるという効果が得られます。スワップポイントの金額も、業界で最高の部類に入るので、くりっく365でスワップを貯める取引を検討するのも良いですね。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行