FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > 今すぐできる!!
節税対策
> FXにかかった経費はちゃんと計上して節税!!

今すぐできる!!
節税対策

FXにかかった経費はちゃんと計上して節税!!


FXにかかる税金を少なく抑えるためには、
まずFXにかかった経費をきちんと計上することが大切となってきます。


少額の経費でもしっかりと記録して書類を管理することで、
かなり税金を少なくすることも可能となります。


例を挙げますと消耗品費ですが、
売買の記録やチェックしたニュースなどを書き留めておくならば
経費として含めることが可能ですし、
また取引の記録をプリントアウトすると、
そのインク代や紙代も経費とすることができます。


FXの仲間や業者と会ったり、セミナーに出席したりしたら、
その際の費用もすべて記録しておくと良いですし、
さらにセミナーや情報収集をかねて食事をした場合も
それは会議費として計上されます。


会議のために移動が必要であれば、
車のガソリン代・高速代なども経費となります。
他にも最近は専門の情報商材も販売されていますから、
それを購入しても図書費として計上することができます。


これらのように年間を通してきちんと管理しておけば
意外と税金対策に有効となるので覚えておくといいでしょう。


また夫婦でFXを行っているならば、
夫婦両方が口座を作って、
上手に使い分けることで税金対策をすることも可能
となります。


妻が扶養家族となっていることは多いと思いますが、
FXを含む利益が38万円以上となると
扶養家族から外されてしまい、
扶養者控除がなくなってしまう
ので注意が必要です。


さらに130万円を超えると
健康保険・厚生年金の扶養者からも外され、
さらに地方税も負担しなければならなくなる
ので気をつけましょう。


もしFXでの利益が少額であれば、妻名義の口座を利用して、
夫の取得を増やさないようにすることができます。


しかし金額が大きくなってきて妻を扶養者から外したくないのであれば、
妻がFXの取引を行った場合でも、夫名義の口座を使った方がいいでしょう。
夫婦が協力していけば効率よく節税することも可能なのです。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行