FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > 今すぐできる!!
節税対策
> 両建てで節税できるって本当??そこんとこくわしく!!

今すぐできる!!
節税対策

両建てで節税できるって本当??そこんとこくわしく!!

業者の解説、書籍などでは両建てはあまりメリットがないと説明でされるものですが、コレを上手く利用することで節税をすることも出来ます。


いわゆるこの節税方法は利益の繰り延べと言い、繰り延べて年を越すことで、翌年損をすれば来年の税金は少なくなります。
そして儲かったならそれはそれで次の年に利益を繰り延べる、という要領です。


300万円の含み益が発生しているポジションがあるとしましょう。
そろそろ決済を行いたいのですが、決済をすると300万円の利益が確定してしまい300万円に対して税金が掛かってきます。このような場合には、両建てをすることで300万円を含み益として来年に繰り越すことが可能になります。


もし来年に300万の損失が発生した場合、両建てをしたポジションを決済することにより300万円の利益と、300万円の損失が相殺されることにより利益はゼロ化。税金を支払う必要がなくなるという仕組みです。


逆に、300万円の含み損がある場合には、これ以上損失を広げたくないために決済をしたいとしましょう。しかし決済をすると300万円の損失が確定することと同じことが起きます。


このような場合、両建てをすることで含み損を来年に繰り越すことが出来ます。
これはまた逆に、来年に300万円の利益が発生すれば、両建てをしたポジションを決済することで双方が相殺されて利益はゼロ、税金を支払う必要もなくなるのです。


デメリットをまとめると、取引コストと必要保証金が2倍掛かることと、買いスワップと売りスワップの差額が損失になること。また両建てがそもそも出来ない業者があるということでしょう。


両建てをすることでロスカットレートが上昇する業者もあるので、やる前に注意するのが賢明でしょう。


もう一つデメリットを挙げれば、税務署に租税回避行為として問題視されることです。
意識して税を支払うことを回避しようとしているわけですから、むしろそう思われて当然と思う人も居るかもしれません。


実際は、まだ税務署もあやふやな見解であるとのことです。いますぐ両建て節税が違反している、と決まることは無いので両建てをして節税をするのを考えていた人は安心してください。


節税できるからといって市場がよく読めないときに両建てをしての節税は安全ではありません。スワップ差額で思わぬ損失をこうむり、ロスカットということもあるので、あくまで安定した状況を見極めて両建てを考えるのが妥当では無いでしょうか。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行