FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > <実践編> > FXの利益の計算方法

<実践編>

FXの利益の計算方法


ではまず、FXの利益について説明をしますね。
FXを事業ではなく、個人で行っている場合、
得られる利益は「雑所得」という扱いになり、
また事業の場合ですと「事業所得」となります。


この個人で得られる雑所得というのは、
所得税法によって定められている10種類の所得のいずれにも
該当しないもののことをいいます。


雑所得に該当する他の収入、
例を挙げますと年金やオークションなどの副業収入などがありますが、
これらがある場合、FXでの所得と合わせて合計して、
申告しなければなりません。


FXで得られる利益には、売買の際に得た利益とスワップ金利
の2種類があるのですが、これらは両方計算を含める必要があります


そして、FXでは取引を決済することで利益が発生しますから、
その確定した利益の分だけ計算に含めるのです。

ここで1つ、注意したいのが決済したかどうかです。


決済をしていないものの、
利益が見込まれている状態の場合は課税対象とはなりません

ですから申告には含まれませんので注意しましょう。


また、年間を通じて、
FXによって損失が出ている場合も所得としては計算されませんので、
加算する必要がありません。


つまりFXで利益が確定した場合のみ、計算して、
申告する必要がある
ということになるわけです。
また、年金などがあった場合や副業での収入があった場合は
これも合わせて計算をして、この合計を申告するということになるのです。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行