FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > <実践編> > FXやるならきちんと税金を計算して申告!!

<実践編>

FXやるならきちんと税金を計算して申告!!


ここではFXの基礎的な知識について紹介していきたいと思います。
まず、FXで利益を得たなら必ず税金を計算して
確定申告を行う
ことが基本です。


年間の雑所得が合計20万円以下の場合ですと非課税
にはなりますが、きちんと申告することが大切となります。


そもそも確定申告は、納める責任のある税金を計算して確定し、
税務署に申告すること
をいいます。


昨年の1年間、つまり1月1日〜12月31日までに
発生したすべての利益・損失が関係してきます。


ですからFXに関連したすべてのものを含める必要がありますし、
期限も決まっていますから遅れないように注意することが
必要となってきます。


また、FX以外でもそうなのですが、
確定申告の必要がないと考えられる場合でも
関係書類は5年間保管しないといけません


税務署はすべてのFX取引業者を把握していますので、
すべての利用者の明細を調べることができます。


何年か経った後に調査されるなんてこともありますから、
自分の取引を証明する書類はすべて保存しておきましょう。


また税金の申告で注意しなければならないのが、
申告内容によって確定申告の書類が変わることです。


例を挙げますと、相対取引の場合ですと、
「申告書A(第1表、第2表)」という用紙を提出しなければなりません。


それに対し、くりっく365の場合は、「申告書B(第1表、第2表)」と
「第3表(分離課税用)」「先物取引に係る計算明細書」

の提出が必要になってきます。
この他にも確定申告書第4表(損失申告書)などもあります。


FXの税金申告では、取引の内容が相対取引なのかくりっく365なのか、
損をしたのか利益を得たのかということで
申告の際に提出する書類が変わるので、ここは理解しておきましょう。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行