FXの税金対策に外貨FX

FX 税金 - 外貨FXの税金対策!! > <基礎知識編-立場別-> > サラリーマンがFX!!会社にばれたらまずい?!

<基礎知識編-立場別->

サラリーマンがFX!!会社にばれたらまずい?!


サラリーマンというのは、自営業のように経費を計上することができません。
その代りに給与所得控除というものがあります。


この給与所得控除とは、サラリーマンにかかると思われる経費
(例えば、スーツ・Yシャツ・セミナー代など)の大まかな目安を算出し、
経費相当とされる目安の金額は課税を控除します
という
目的で作られた控除です。


会社員の給与控除額は給与の収入金額に合わせて設定されています。
例を挙げますと、サラリーマンの平均的な年収といわれている400万円では、
「給与収入×20%+54万円」が控除額となります。


つまり計算しますと、400万×20%+54万=134万円となります。
ですから、年収が400万の方でしたら控除額は134万円となるのです。
詳しい計算方法は国税庁のホームページにて掲載されていますので、
参考にしてみてください。


サラリーマンがFXなど副業をする上で心配なことは、
会社にばれてしまった時
です。

通常、会社に勤める方は市町村で計算された住民税を
毎月の給与から天引きされるようになっています。
しかし、もし天引きされる住民税額が突然多くなったりすると
会社側に副業がばれてしまう可能性が出てきていしまいます。


そこで、必要となるのが確定申告での申告です。
確定申告の時に、
「住民税に関する事項」の「給与所得以外の住民税の徴収方法の選択」
の欄があります。


そこで、「自分で納付(普通徴収)」を選択することで
会社にばれずに済みます。


この「普通徴収」とは、自治体からの納税通知書が自宅に郵送されて、
自分で支払手続きを行う方法
のことで、
これならば会社にばれることはありません。
これらの知識を理解して確定申告を行いましょう。

初心者がこの業者にしてよかったと思ったランキング
インヴァスト証券


スター為替


エース交易


コスモ証券


小林洋行